BLOG / 展覧会/染織作家

築城則子展へ

築城則子染織展
築城則子展@和光ホール、最終日に伺いました。

もちろん、築城さんの展示を、とても楽しみにしていたのですが、予想を遥かに上回るクォリティーと展示数に、感服いたしました。
展示中央にあった、十字形の台の上に、帯地が階段状に吊ってあり、中央が最も高く、縦方向がモノトーン、横方向が色のグラデーションになっており、築城さんの縞(ストライプ)と色の高価がみごとに表現されていました。

額装も、素晴らしかったです。そうきたか、と思わせる凝った表装と、最大限にシンプルにして作品を活かしている額装と。額装したり、小物にしたり、といった、染織のアレンジは、元来の価値を高めることができている商品は少ないだけに、築城さんの創作全てにおいての、完成度の高さには、圧倒されるばかりです。
築城則子染織展2

そして、図録。もう、完璧です。築城さんの特徴を見事に表現した、図録。恐れ入ります。
和光の外側には、糸の細さ、織の緻密さが分かるように、織りかけの反物が掛けられていました。

2013-04-14 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,