BLOG / きものスタイリング

大人の浴衣は、古典主義。

大人の浴衣は古典主義
NHK「ニュースシブ5時」、浴衣コーナーをご覧頂きまして、ありがとうございました。

お陰様で、お天気にも恵まれ、浴衣日和の日本橋ロケとなりました。可愛らしい新作浴衣を身にまとった、ゆかたの女王達と共に、40-代以上の女性にオススメしたい、大人浴衣のお手本としてご登場頂いたのは、モデルの五十嵐美紀さん。

竺仙製、綿紅梅の古典柄に、きりっと博多織の八寸帯をスタイリングしました。

大人の浴衣+博多八寸帯

白麻の帯揚げで爽やかに、細めの濃紺の帯締めと、煤竹のかごバッグで引き締めて。夏のコーディネートは、すっきり涼しく、色数を絞るのがポイントです。お太鼓を締めれば、お尻まわりも隠れて、大人の女性も安心。

浴衣らしく着こなすなら、やっぱり、襦袢無しに、素足で下駄が「粋」ですよね。素足で出かけるのがはばかられるような場所には、襦袢を着て、足袋を履いて、夏きものとして着ると、恥ずかしくないと思います。

夏は、まだまだこれからが本番!ぜひ、参考にしてみて下さい。