2013-11

夜のDress Code

平日夜のパーティーに、着物を着て出席する彼女の着つけをしました。
好みで、衣紋はやや抜き気味に、前はきちっと合わせています。

この日の、パーティーのドレスコードは、「ブラックタイ - イブニングドレス or きもの -」。
日本ではドレスコードが曖昧なことが多いですが、わざわざブラックタイと記載があるからには、あまりカジュアル過ぎると、悪目立ちしてしまいます。

ブラックタイ= 準礼装ですので、訪問着や付け下げを中心とした装いが基本となります。夜なので、露出の多いイブニングドレス姿の女性に混じる事を考えると、光沢のある着物や帯を合わせたり、バッグもドレッシーなクラッチなどが吉。

細身で長身の彼女は、すらっと淡い色の訪問着を、素敵に着こなして下さいました。

 

森田空美のきもの塾

森田空美の「きもの塾」
森田空美のきもの塾 永く着られる「30年きもの」教えます
2013年
小学館
森田空美

2013-11-20 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,

 

もののみごと -江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン。-

もののみごと

 

もののみごと -江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン-
講談社
2012年10月
田中敦子 文 / 渞 忠之 撮影

2013-11-17 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,,

 

七五三の季節

七五三の帯結び

七五三の季節になりました。
家族揃ってのお祝いは、お目出度いものです。
この日は、お兄ちゃんの五歳と、妹の三歳のお祝い。着つけ中も、とても良い子で、スムーズに終わりました。
お母様も、久しぶりのお着物で楽しそう。

小物も、こんなにカワイイ。最近では、こういった小物は珍しくなりました。

七五三の草履とバッグ

お子さんの着つけは、手早さが肝心。
慣れない紐や帯で苦しいと可哀想ですから、手早く、楽に着せてあげられると良いですね。

さあ、お出かけです。幸せな、家族の肖像。

**出張着付け&ヘアメイクのご案内**

 

響き合う二人

荒木節子×丸山正

六本木アクシスとGallery SUで行われている、丸山正さん+荒木節子さんの展覧会に伺いました。

染織×染織、という珍しい組み合わせ。似ているわけでもなく、対照的でもなく、しかし、お互いがよく響き合っていたように思います。

荒木さんの作品からぱあーっと広がるエネルギーと、丸山さんの作品にしかと閉じ込められた情熱と。

いつもどこか大胆で、斬新で、どんな色を使っていても軽やかさの感じられる荒木さんの、また新しい局面が垣間見え、そして長年一つのスタイルを追求し続けて来た丸山さんの、新たな到達点をも見せつけられた展示でした。

Gallery SU 丸山正×荒木節子展

2013-11-11 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,,

 

荒木 節子 × 丸山 正

荒木節子×丸山正

<丸山 正 × 荒木 節子>

「帯の展示」
2013年11月9日(土)〜11日(月)
12:00-19:00 無休
Axis Gallery Symposia
港区六本木5-17-1 AXISビル B1階

「平面作品の展示」
2013年11月9日(土)〜23日(土)
12:00-19:00 無休(12,19日休み)
Gallery SU
港区麻布台3-3-23 和朗フラット4号館6号室

 

荒木節子×丸山正

 

今年はなんと、丸さんと荒木さんの2人展。
実は、前回、丸さんの巻き付けパフォーマンス後、荒木さんと盛り上がっている場に居合わせたので、どんな風に形になったのか、とっても楽しみです。

是非、2会場、併せてご覧下さい。

2013-11-09 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,,

 

染織作家のアートブック

染織作家のアートブック

 

昨日伺った、『想い、巡る』では、デザイナーによって綿密に練られた、各作家の作品集が飾られていました。作家それぞれに合わせて構成、デザインされていて、作家の個性や創作のコンセプトがよく伝わります。

 

染織作家のアートブック

作品を観て、アートブックでコンセプトを理解し、また観る。
観る側の理解が深まる、きっかけに。

それを作ることによって、また作家自身も、変化していくのかもしれません。
興味深い展示でした。

 

 

2013-11-08 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,