2016-01

霞ヶ浦へ

夕景の霞ヶ浦でロケ

霞ヶ浦のほとりでロケ

 

霞ヶ浦のほとりにて、小さなクルーで、ロケ撮影をしました。

夕暮れ時、幻想的な薄紫色の空と、着物の色が奇跡的にマッチし、狙った以上の効果を発揮。

遠出した甲斐がありました。

 

裾が切れたら…

着物の裾が切れる

 

着物の裾が切れたことはありますか?
そんな経験のある貴方は、かなりのヘビーユーザー。

様々な切れ方がありますが、このお気に入りの小紋は、古い着物だったこともあり、裾芯(袷の場合、裾に錘となるような芯が入っているのです)が見事に飛び出て、裾から縫い目が外れました。古い着物の場合、縫っている糸が弱っている場合もあります。

裾が切れたら、八掛の替えどき。
綺麗に手入れして頂いて、八掛を取り替え、仕立て直して頂くタイミングです。

2016-01-24 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

一葉のきもの

書く女
昨日は、二兎社『書く女』@世田谷パブリックシアター、初日のお芝居を観劇しました。

短い生涯のなかで、物書きとして上り詰めた樋口一葉の生涯を描いた本作品は、2006年寺島しのぶ主演で初演された際に、演劇賞をさらった人気作。

ピアノ生演奏のLive感と共に、丁寧に作り込まれた正統派のお芝居に引きずり込まれ、あっという間の3時間。主演は、超実力派女優として人気を博す、黒木華さん。

樋口一葉は、もう彼女しか考えられない、と思うほどにぴたりとはまり、物書きを志す萩の舎時代の初々しさから、若くして病に倒れる晩年の凄みまでを、見事に演じ分けられていて、ひどく舞台が小さく感じられるほどに、魅力とエネルギーに溢れていました。

お芝居の衣装は、一葉が生きた明治の装い。

明治の装いといえば、まっさきにイメージするのは、凝った刺繍衿をたっぷりと出した華やかさ。女学生や活動家は、ブーツに袴で闊歩した時代でもありました。

しかし、士族の生まれながら、生活の困窮に苦しんだ一葉は、終始、縞のきものに、地味な色合いの昼夜帯。妹くにと共に、晴れ着を質に入れるシーンが繰り返し登場します。そして、その鬱憤を晴らすかのように、一葉の小説のなかには、吉原近くの市井の風俗を取り入れた、リアルで活き活きとした装いの美しい人々が数多く登場するのです。

 

一葉のきもの
そんな一葉の時代のきもの、さらに、「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」など、一葉の描いた小説のなかに登場する女たちのきものについて、とてもよく描かれているのが、『一葉のきもの』。実際の写真や、鏑木清方や水野年方の画を交えて、この時代の生活風俗を紐解きながら、明治時代のきものについて、非常に理解の深まる一冊となっています。

一葉のきもの
近藤富枝・森まゆみ著
2005.9
河出書房新社

 

2016-01-22 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,

 

新年会2016

新年会2016
今年も、華やかに、森田空美主催の新年会が催されました。
東急キャピタルホテルでのパーティー。
お食事もサービスもとても良かったです。
今年はスペシャルゲストにもお越しいただき、さらに来年は20周年!

今回は特に、師匠の冒頭のご挨拶に感銘を受けました。
2016年も精進いたします。

2016-01-18 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

お教室の新年会2016

お教室の新年会
肉筆浮世絵

 

普段、伊勢丹さんの講座など以外、お教室では個別にプライベートレッスンをしています。
来てくださる皆さん、お着物友達が欲しい!と口を揃えておっしゃるので、交流の場を設けることにしました。

第一弾は、新年会2016!
まずは、日本初上陸のweston collection肉筆浮世絵@上野の森美術館を、皆で鑑賞。
それから、公園内の韻松亭で、掘りごたつランチをしました。

初めましてな方同士も多い中、けっこうな盛り上がり。
楽しい時間でした。

2016-01-17 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

出張着付け:一足遅れの成人式

一足遅れの成人式
地方からお出ましになられたお嬢様。
同窓会を兼ねた、一足遅れの成人式&謝恩会にお出かけです。
ヘアメイク&着付けを担当しました。

黒地に紅い絞りをあしらった古典柄のお振袖。
スカイブルーの小物が、とっても効いています。

おめでとうございます。
素敵な晴れの日をお過ごし下さい。

**出張着付け&ヘアメイクのご案内**

 

祇園ない藤

祇園ない藤

 

明治より続く、京都祇園のはきもの屋さん。
ふっくらしているのに野暮ったくならない鼻緒と、はんなりカラーの台。
白い足袋に映える、紅い坪がアクセントになって、それはそれは美しいお草履。

その履きやすさに、一度履いたらやめられないという、着物通多数。
脱いだ草履の佇まいもしゅっとして秀逸です。

東京でも催事をされることがあります。祇園のお店は、要予約で。

祇園ない藤
京都市東山区祇園縄手四条下ル
075-541-7110
午前10時30分から午後6時
定休日/不定休

 

初めてのお初釜

IMG_8576
初めてのお初釜へお出かけされるとのことで、着付けをお手伝いしました。

染一会さんで誂えられた、とっても素敵なグレーの江戸小紋。帯も華やかで素敵ですね。

お点前される方、お客様側の方、茶室で茶事、気軽な立礼席などのシチュエーションで、着方や動き方も変わります。

流派や先生によって、着る着物も変わります。

分からないことがあれば、何でもお気軽にご質問下さい。

**出張着付け&ヘアメイクのご案内**

 

成人の日2016

成人式振袖の帯結び

成人式振袖帯締め帯揚げのアレンジ
本日は、成人の日でした。
新成人の皆さま、おめでとうございます。

最近はお任せが多いのですが、久しぶりに帯結びのリクエストを頂きました。
とても喜んでいただけて嬉しかったです。

シンプルな帯でしたので、帯結びのアレンジと小物類のアレンジで華やかに仕上げました。

**出張着付け&ヘアメイクのご案内**

 

謹賀新年

謹賀新年2016

 

新年明けましておめでとうございます。

本日、仕事始めでした。

今年もよろしくお願い致します。