お知らせ&日々のこと

いもうとの嫁入り(仮)

いもうとの嫁入り
来年の春に、妹が結婚式をします。

その前に、妹の花嫁姿を撮影しようと企んでいる、今日のこのごろ。

実は、素晴らしいご縁で、姉の私がお借りした打ち掛けを、今回、妹にもお願いしてあります。
朱色がベースになっている重厚な唐織の色打掛で、白無垢が見劣りするので、式のときには、あえて掛け替えませんでした。
それぐらい、美しい打ち掛け。

今年の春に、別の方を撮影した時は、何だか彼女のイメージでなかったので、手持ちの別の打ち掛けに。それではそれで、とっても可愛くて、感動的でした。

妹がかつらは嫌だというので、ちょっと悩んでいますが、何だかとても楽しみ。

写真は、私の婚礼の際、お世話になっている方々をお招きし、披露宴の代わりに、広間で催した茶会。
叔父の足がしびれてしまい、大変だったっけ。

2013-07-22 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

念願のお仕事バッグ

フェリージのトラベルバッグ1

 

たまった雑誌の切り抜きを整理をしていたら、大昔のスクラップブックから、7年〜10年も前の切り抜きが出て来た。
平松洋子さんがオススメのアイテムを紹介する、雑誌のコラムページで、古すぎて、何なら、ちょっと折れたりしている。

フェリージのトラベルバッグ2

紹介されているのは、使い勝手のよいお仕事バッグを探す時に、何度か薦められたことのある、「フェリージ」のトラベルバッグ。
ロングセラー商品で10年選手 × 使いやすさの余り、平松さんは色違いで複数個、お持ちとか。

魅力は、大容量の収納力にも関わらず、1層構造で、畳むこともできるし、つぶれるので肩掛けのサブバッグとしても使えること。
それから、持ち手がしっかりしていて安っぽくないのに、頑丈なナイロンでできているから拭くことができるし、雨も安心。

そして、切り抜きの発見を機に、割と最近、我が家にお目見えしたのが、こちら。
実際、使ってみても、風呂敷に包んだ着物一式くらいなら、コンパクトに畳めば楽に収まる。仕事道具をたくさん入れても、型崩れの心配がないので、すこぶる好調!

もっともっと使い込んで、持ち手がいい感じになるのが、とっても楽しみ。そんな昔の切り抜きから買い物をするなんて、ちょっと驚きなんですけどね。

2013-07-11 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

夏のワードローブを取材して頂きました

夏のワードローブ

昨日は、Tシャツ1枚にショートパンツの方も多かったほど、日中の気温が高かったですね。

また涼しくなるそうですが、ここ数年、大型連休くらいから、夏日が続くことも増えてきました。

よく、着物の衣替えについて聞かれるのですが、相手(お茶席など)や、立場(結婚式など)がある場合以外の普段着は、無理をせず、気温に適したものを着るのが良いと思います。

先日、夏物のワードローブの取材をして頂きました。
夏物の素材は、木綿、麻、絹とさまざま。また、ひとくちに麻と言っても、ざっくりとしたものから、繊細な素材まで、多くの種類があり、そこが夏きものの醍醐味でもあります。
洋服も着物も、夏のお洒落が気になる季節ですね。ぜひ、夏もきものを楽しんで頂けたら、嬉しいです。

また、詳しくは、雑誌の発売時に!

2013-06-01 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,

 

今年も華やかに新年会

新年会2013

今年も華やかに新年会が行われました。
皆さん、ドレスアップして、とっても素敵です。

私にとって、新年会は、一年の始まりというよりは、前年のまとめのような所があります。
そして、新しい年に、変わらず皆様とお会いできる事は、何よりの幸せです。

2013-01-16 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,

 

レンズの向こう側

portrait_yukarimori

先日、プロフィール写真を撮影して頂きました。
独立 満一年を記念して。
なけなしの勇気を振り絞っての、大決心。

いつも、撮影で私が仕事をするのは、カメラマンの後ろ側。ぴたっと、カメラの側に近づいて、マジックのように光で描かれていく、美しい画を待つ。そして、少しでもその美しい画に貢献することができる。その時間が、大好きです。

はじめて立った、カメラの向こう側。
ただ、カメラと向き合わなくてはいけない。
何より、じぶんと向き合わなくてはならない。

見えたのは、新しい世界。
大切な一歩にしたいと思います。
心から、感謝。

◎ 森 由香利(もり ゆかり)
YUKARI MORI KIMONO STUDIO主宰/きものスタイリスト
慶應義塾大学文学部を卒業後、きもの研究家・森田空美氏に9年間、師事。撮影、講演等の助手を務め、2012年独立。現在は、雑誌・書籍・広告撮影を中心に、着つけ・きものスタイリングを行う他、美しく着心地のよいきものの着方を伝えるため、都内各所にて、きもの個人レッスンを開催。日本文化に関するイベント・和婚プロデュースも手がける。

 

2013-01-11 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

8 / 8« First...45678