きものスタイリング

スタジオ撮影

着物スタジオ撮影

春夏物のスタジオ撮影でした。

自然光が入るスタジオで朝から撮影していて、すっかり夕方になりライトを追加!

夏っぽい光になりました。

出来上がりが楽しみです。

 

九十九里浜ロケ

九十九里浜着物撮影

 

九十九里浜でロケ撮影でした。

夏号の撮影なのでお天気が心配でしたが、まさに夏空!ぴーかん!

砂浜と横から吹き付ける風に苦戦しましたが、なんとか良い画が撮れました。

 

IMG_5534

 

撮影の後のお昼ご飯は、焼きはまぐり!!!

最高に美味しかったです。

 

撮影後のお楽しみ

松見坂チニャーレエノテカ

 

前々から準備していたスタイリングのお仕事の撮影が終わりました。

お天気には恵まれませんでしたが、寒い日に辛抱強く頑張って下さる被写体と、素晴らしいスタッフのチームワークで、素敵なページになりそうです。

撮影後にメンバーで、超人気ビストロ・松見坂チニャーレエノテカへ。

松見坂チニャーレエノテカ

 

内装も世界観があって、素敵!素材そのものが存分に活かされたお食事もとても美味しかったです。

松見坂チニャーレエノテカ

 

4時起きでしたが、話も弾み、たくさんワインを頂きました。またの機会にぜひ伺いたいです。

2018-03-10 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as

 

浴衣の展示会シーズン

浴衣の撮影・スタイリング、展示会シーズン

先日、きものやまとさんの浴衣新作展示会にお伺いしました。

今年もカラフルで可愛い浴衣が発表されています。

お土産に、こんなにキュートなアイシングクッキーを頂きました!

夏が待ち遠しいです。

 

ロケハン日和

日本の家屋の撮影ロケハン

二日続けて、他のお仕事の合間にロケハンでした。

雪の予報はどこへやら、快晴。

ロケハン日和。

3月は毎年撮影の多い月。来月の撮影が楽しみです。

 

風花の舞う、葉山ロケ

早いもので、もう浴衣の撮影の時期。葉山の風情あるロケハウスでCMの撮影でした。

夕方には撮影を終え、せっかくなので鎌倉へ。

鎌倉へ行くと、いつも訪ねるCafe Bee

鎌倉cafe bee
ちょど十文字美信氏の「劇顔2017」という写真展がギャラリーの方で開催されていました。お芝居終了後数分から数十分の役者を十文字氏が撮り下ろすという大変興味深い企画。全力疾走をした直後の放心したような、困ったような、まだ遠い世界にいるような、それでいてギラギラしたエネルギーが凝縮されたような「顔」が並び、圧倒されました。


十文字美信「劇顔2017」

珈琲とケーキもいつもながら美味しかった。窓辺からお庭を眺めていると、ひらひらと風花が舞い美しい光景でした。

仕事の後の、とても贅沢な時間で、エネルギーチャージ。

2018-02-08 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

謹賀新年2018

謹賀新年2018

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018-01-03 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,

 

2017年締めは「紅白」

NHK紅白歌合戦2018吉岡里帆着物
2017年最後の日は、NHK紅白歌合戦の現場でした。

ゲスト審査員の女優 吉岡里帆さんを担当致しました。お召し頂いたのは、有松鳴海絞りのお振袖。柔らかで上品な色合いと、豪華な総絞りがよくお似合いでした。

2017年ナンバーワンブレイク女優として、大活躍した吉岡さんですが、2018年1月ドラマ(1/16 火 22:00-スタート)『君が心に棲みついた』に主演されます。皆様、ぜひご覧下さいませ。

 

2018-01-02 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,,

 

X’masのフィッティング

テレビ局で着物のフィッティング
クリスマスの夜、テレビ局にてフィッティングでした。

昼間の撮影から、大急ぎで都内に戻ってテレビ局に滑り込んだにも関わらず、駐車場の申請がうまくいっていなかったようで。。。

街はウキウキムード。

赤坂のあの坂を全力ダッシュ。。。。何とか本番前の休憩時間に合いました。

終わったあと、アシスタントと食べたご飯が美味しかった。

2017-12-25 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,

 

絞りのお振袖

総絞りのお振袖
福原愛さんの結婚会見以来、絞りのお振袖が人気です。

こちらは、ご縁を頂いて拝見した、素晴らしい総絞りのお振袖の八掛部分。

もちろん表も素晴らしいのですが、裏を返した時のこの美しさ。

歩いた時に、ちらりと見える部分、裏側にまで凝った意匠を施す、作り手の美意識を感じます。

手くくりの絞りは大変手間がかかり、年々作ることのできる数も少なくなっています。

せめて、本物の素晴らしさを壊さないよう、伝えるお手伝いができたらと思っております。

2017-12-22 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

1 / 1112345...10...Last »