BLOG / 展覧会/染織作家

MIYAKE ISSEY展

miyake issey展

 

 

ー 三次元である身体を、二次元の布でいかにして包むか。ここには身体の動きが変数として含まれる。ー (図録より)

 

三宅一生のデザインする衣服は、つねに「身体性」について考えさせる。

一枚の布が、着ることではじめて衣服として完成されるデザイン。

主役は常に身体そのもの。

衣服は、第二の皮膚。

着ることで、身体が自由になり、そして大胆なデザインは驚くほど動きやすい。

それを可能にしているのは、独自に開発された、優れた素材たち。

とくに、臈纈染めの一枚には釘付けだった。

 

1枚の布を、着付けることで、衣服として完成させるのは、着物と同じ。

素材を大切にしているのも、同じ。

しかも、動きやすく、衣服として超越しているが故に、世界中で愛されている。

このような優れた衣服が存在するならは、それでも現代に着物を着る意味は何だろう。

 

素晴らしい展覧会でした。

2016-06-10 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,