志村ふくみ

志村ふくみ『母衣への回帰』

志村ふくみ母衣への回帰

世田谷美術館で行われている、志村ふくみ展へ。

 

志村ふくみ小品展へ

志村ふくみ小品展
t.galleryで開催中の、「志村ふくみ小品展」へ伺いました。
志村ふくみさん、洋子さんの額装やストール、古帛紗、裂帳などの小品と共に、お着物も何点か拝見。

今はもう織ることの難しい裂を使っているという額装と、色とりどりの裂が貼り付けられた、裂帳が素敵でした。

2014-10-08 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,

 

志村ふくみ小品展

志村ふくみ小品展

 

きものを着ることも好きですが、額装された染織も大好き。色のコンビネーション、糸の味、絣の美しさ。眺めていて飽きません。

「志村ふくみ小品展」
2014年10月7日(火)〜14日(火)
12:00-19:00
会期中無休

t.gallery
港区芝3-16-2
03-3455-7492

2014-10-06 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,

 

人間国宝 志村ふくみ氏 プロフェッショナルに登場。

5月27日(月)22:00- 放送予定
NHK総合「プロフェッショナル 仕事の流儀」
世界一のサービスマンこと、ロブションの宮崎氏の回をみてから、またチェックし始めた番組。大きな展覧会のタイミングだけに、楽しみです。

『いのちの色で、糸を染める 染織家・志村ふくみ』
京都・嵯峨野に工房を構える染織家・志村ふくみ。市井の人々の着物だった紬織を芸術の域にまで高めたとして人間国宝に認定されている。「植物の命をいただいて色にする」と語る志村は、自然の中にある草木から抽出した色のみで絹糸を染め、科学染料は一切用いない。88歳になった今も野山に分け入って野草を摘み、新たな色彩を求めて染め場に立ち続けている。春、梅や桜が満開の嵯峨野を舞台に、染織にその生涯を捧(ささ)げ、そしてなお新たな挑戦を続ける88歳の職人の流儀に迫る。
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html#20130527

2013-05-20 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,