BLOG / 本/雑誌/TV/映画

YMサロン座学でお話ししたこと

着物の仕立て方・頼み方
12/1のYMサロンでは、朝昼夜と3回の座学を開催しました。

今回は、

〜歴史編〜 「着物は、どのような変遷を辿って現在の形になったのか?」

〜知識編〜 「寸法について」

〜季節編〜 「羽織物・防寒について」

を1時間ほどでご紹介。

寸法のお話の中で参考にしたテキストは、カリスマ仕立師 一衣舎の木村幸夫先生の『着物の仕立て方・頼み方』世界文化社刊 です。

着る側のユーザーは、自分で縫う方法というよりは、仕立てて頂く際にユーザー側が持っておくべき知識を必要としていると思います。

実際、後日お稽古にいらして下さった生徒さんの寸法を検証したところ、「身丈=身長」の割り出しでは、腰紐がおへその辺りの場合やはり長すぎる、という結論に達しました。

次回は、2/1(木)を予定しております。ぜひお待ちしております。