お知らせ&日々のこと

神の島の夕景

;厳島神社

;厳島神社

週末は、出張へ。

ちょうど梅雨が明け、とても暑かったです。

神の島の夕景は美しかった。

2016-08-01 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,

 

「夏祭り攻略法」

;Rの法則

 

7/13 (水)Eテレ 18:55- Rの法則「夏祭り攻略法」に出演いたします。

浴衣の着崩れや、下駄で足が痛くならないコツをご説明しました。

 

軒先ロケ

;神谷町3206

 

街中で撮影をしなければならなかったので、友人の経営するカフェ「神谷町3206」にお願いし、急遽、軒先でロケさせて頂きました。

いわずもがな、伊勢丹新宿店デパ地下パン部門の催事でも一位を獲得した、サンドウィッチやデニッシュがとっても美味しいのですが、暑い日ということもあり、撮影後、新作のゼリーを頂きました!

 

;神谷町3206

 

期待を裏切らない味。

神谷町は、外国人の多いオフィス街なので、少しゆったりしていて、とても好きです。

本店上では、同門の美人が着付け教室を開いていますので、お近くの方はぜひのぞいてみて下さい。

 

盛りだくさんの京都出張

;スマート珈琲店

 

いくつも案件を抱えての、京都出張でした。

素晴らしいお振袖、また人との出会い、再会もあり、実り多い時間を過ごしました。

こちらは、ホットケーキが有名な、スマート珈琲店。

 

;藤田織物

 

 

また、突然にお伺いしたにもかかわらず親切にして下さった、藤田織物さんの、キビソを使った八寸帯。

角度によって表情が変わり、とても使い勝手のよさそうな手織りの帯です。

単衣の時期に、とても良いですね。

 

いつもゆっくりと訪れたいと思いつつ、相変わらず欲張ってしまった京都旅でした。

 

2016-06-30 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,,,

 

松本へ工房見学

;松本へ工房見学

 

松本にある、著名な染織作家の工房を訪ねました。

ちょうど、糸とり、糸染め、織り、すべての工程で作業が行われていて、様々みせて頂くことができました。

 

;松本の杏

お茶の時間に頂いた、生の杏がとっても美味しくて、爽やかな酸味が舌に残りました。

工房見学は、貴重な作り手の時間を奪うことでもあり、やたらに行くものではないと思っています。

しかし、作り手とゆっくり話すことができ、また、製作場所に流れる時間や空気を直に感じられることもあって、機会があれば、必ず伺うようにしています。

お話しさせて頂く機会を得て、そのお人柄とお仕事に触れ、素晴らしい織物と、お弟子さんをたくさん輩出されていることに、深く納得。

貴重な機会に感謝です。

;ねずこ下駄

商店街の下駄屋さんに、「ねずこ下駄」というものを見つけました。木曽の木で、桐より固く、傷つきにくく、少し重いけれど丈夫なんだそうです。

;松本デリー

 

松本は、民芸とハイカラな文化度の高いまち。

いつ訪れても、豊かな気持ちになれます。

2016-06-24 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,,

 

「和の1dayレッスン」にご紹介頂きました

;これから申し込める和の1dayレッスン

 

【伊勢丹kimono club】浴衣でくつろぐ”I涼み”を、『HERS7月号』「和の1dayレッスン」の特集にて、ご紹介頂きました。

7月号は、創刊100号記念号だそうで、おめでとうございます!

明日、講座を予定しております、結城澤屋さんと、江波戸玲子さんの半幅帯講座もご紹介されております。

ぜひ、ご覧ください。

 

プロフィール写真を更新

;きものスタイリスト森由香利

プロフィール写真を更新しました。

自分の顔を自分で見るのは、いつでも楽しくないものですが、節目節目で向き合っています。

また新たに頑張っていきます。

 

能を鑑賞するときの着物

;IMG_9594

 

セルリアン能楽堂へ、能を観に行きました。料亭・金田中の座敷からも鑑賞できるとのことで有名なこちらの能楽堂ですが、15周年を迎えられ、記念の公演でした。

 

;IMG_9595

 

 

お祝いとのことで、翁付き演目。演目はこちらもお目出度い「絵馬」。

「翁」は能にして能にあらず。初めてみましたが、能楽以前、という感じなのですね。とても面白かったです。

野村万蔵師の「三番叟」が素晴らしく、力強く繊細で魅力的でした。

鈴を鳴らしながら舞うさまは、田んぼで五穀豊穣を祈るよう。

素晴らしかったです。

 

お能を鑑賞するときに合うきものは、「少し控えめな染めもの」。

特にお祝いごとや、国立能楽堂での鑑賞は、改まった紋付のきものや、江戸小紋が似合います。

また、能楽の特性上、華美なきものは悪目立ちしてしまいますので、通常でもすっきりとした小紋程度をお勧めします。

たいていどの公演でも、観客席には、きちんとしたお洋服をお召しの年配の方が多いです。固苦しくなる必要はありませんが、できれば場にあった服装がベストです。

2016-05-09 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,

 

月日荘のプチ茶会

;月日荘のプチ茶会

 

月日荘@松屋銀座の催事にて、プチ茶会にお招きいただきました。

銀座のど真ん中に突如出現した、空飛ぶ絨毯のような癒しスペース。

内田鋼一さんのお茶碗で一服頂戴しました。素敵な時間でした。

 

2016-04-07 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as ,

 

舞台上で

;舞台上で

本日は、こちらのお芝居を拝見いたしました。

素晴らしかったです。平日にもかかわらず、大盛況でした。

初演と変わらず、舞台上で台詞を言いながら、着物を着るシーンがありますが、本当に美しく、見事でした。

全国を巡回しますので、ご興味のある方はぜひ。

 

2016-04-05 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as