展覧会/染織作家

勝山健史 織物展 「清潔な美しさ」

;勝山健史 織物展 清潔な美しさ

2016-06-16 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,

 

荒木節子 東慶寺の花を染める

;荒木節子 東慶寺の花を染める

2016-06-16 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,,

 

沖縄の工芸

;沖縄の工芸:日本民芸館

日本民藝館には、柳宗悦が蒐集した、沖縄の工芸が数多く収蔵されています。

なかでも、染織のコレクションは非常に優れていて、展示の機会には、なるべく見るようにしています。

ご存知、芹沢銈介ら数多くの作家が影響を受けた紅型。琉球王朝時代の、苧麻や芭蕉布などの織物等。

暗い歴史を背景に高められた、珠玉の染織品に触れることができます。

暑い夏、ひんやりした静かな民藝館に、ふらっと涼みに行くのもよいかと思います。

 

2016年6月21日(火)〜8月21日(日)
沖縄の工芸
日本民藝館

2016-06-16 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,

 

MIYAKE ISSEY展

;miyake issey展

 

 

ー 三次元である身体を、二次元の布でいかにして包むか。ここには身体の動きが変数として含まれる。ー (図録より)

 

三宅一生のデザインする衣服は、つねに「身体性」について考えさせる。

一枚の布が、着ることではじめて衣服として完成されるデザイン。

主役は常に身体そのもの。

衣服は、第二の皮膚。

着ることで、身体が自由になり、そして大胆なデザインは驚くほど動きやすい。

それを可能にしているのは、独自に開発された、優れた素材たち。

とくに、臈纈染めの一枚には釘付けだった。

 

1枚の布を、着付けることで、衣服として完成させるのは、着物と同じ。

素材を大切にしているのも、同じ。

しかも、動きやすく、衣服として超越しているが故に、世界中で愛されている。

このような優れた衣服が存在するならは、それでも現代に着物を着る意味は何だろう。

 

素晴らしい展覧会でした。

2016-06-10 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,

 

芹沢銈介のいろは

;IMG_9590
;IMG_9591
;IMG_9592

2016-05-08 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,

 

国展2017

;国展2017

 

レッスン、着付けのあと、国展へ。

奥様を着付けている様子をご覧になっていたご主人が、彫刻みたいだ! と仰って下さり、印象的でした。

2016-04-30 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,

 

ちばぎんひまわりぎゃらりー・松原伸生展

;ちばぎんひまわりギャラリー松原伸生展

;ちばぎんひまわりギャラリー松原伸生展

 

ちばぎんひまわりギャラリー企画展「松原伸生展ー長板中形・藍形染の美ー」
2016年4月19日(火)〜5月22日(日)
10:00-18:00
コレド室町3 4F ちばぎんひまわりギャラリー

 

素晴らしかったです。
心に爽やかな風が吹き、幸せな気持ちになりました。
美しいから、説明がいらないのです。

日本橋三越で行われている「東日本伝統工芸展」、日本橋高島屋で行われている「城間家3代展」とあわせてご覧ください。

2016-04-21 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,

 

春の一衣舎展2016

;春の一衣舎展2016

春の一衣舎展でした。

一衣舎展の醍醐味は、独特のラインナップはもちろん、木村先生に直接採寸して頂けること。

;一衣舎木村先生の採寸

 

ぜひ、お出かけください。

2016-04-17 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,

 

肉筆浮世絵-美の競艶-

;肉筆浮世絵-美の競艶-
『Weston collection 肉筆浮世絵-美の競艶-』
〜2016年1月17日(日)
上野の森美術館

日本初上陸の肉筆浮世絵コレクションを見に行ってきました。

お教室の新年会で立ち寄るので、下見です。

時代時代の装いや、画家によるタッチの違いが分かり、面白い展示でした。

 

;肉筆浮世絵美の競艶図録
図録も教科書のようで、勉強になります。

2015-12-24 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,

 

『追悼 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展』

;追悼池田重子日本のおしゃれ展

 

『追悼 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展』

松屋銀座8階イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
2015年12月30日(水)~2016年1月18日(月)
10時~20時(最終日17時閉場)
一般1,000円、高大生700円、中学生500円、小学生300円