BLOG

年末年始の営業について

;梅のきもの2
毎年、年末年始はゆったり過ごすから、時間がとれるので「お稽古」したい!というご希望を多く頂きます。

特に、お出かけしたくない方は、自宅に来て欲しいとのことで、なるべくご希望に添えるようにしています。

もしかして現場で年越し?な今年は、すでに、Fullの日にちもありますが、お稽古の続き、復習など!

・お正月は、きものを着たいから、復習したい。

・新年会に袋帯を締めたいけど、ちょっと不安!

・そういえば、1月後半は、初釜だった。。

・新しい年だから、半衿を付け替えなきゃ。。でも、忘れた。

などなど。

もちろん、着付けにも伺いま〜す。
ご検討中の方がいらっしゃいましたら、お早めにお知らせ下さい。

2013-12-20 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

くずしの美学

先日、ちょっと遊んだ振り袖のコーディネートと着付けを目にする機会がありました。

縮緬の黒振り袖に、衿もとからアンティークの豪華な半衿を大きくのぞかせて、深紅の帯揚げと扱きを巻き付け、足元からも深紅の蹴出しがちらり。

鏑木清方の美人画から抜け出てきたような、とでもいいましょうか。

現代のきもの姿からするとアンバランスなのですが、どことなく品があり、美しかった。

「くずしの美学」とはいうものの、美しいくずし、はとてつもなく難しいもので、近年はほとんど目にする機会がありません。

;鏑木清方

しかし、浮世絵や美人画の姿を踏まえた、その着姿は美しく、着ている人がふわっと動くと、その後を追いかけるように、着ているものもゆらゆらっとついていく。

その様に、その動きに、目を奪われました。

いま、キレイ、可愛い、と思っているきもの姿って、何だろう、と。改めて、考え直してみたいと思います。

2013-12-15 | Posted in BLOG, お知らせ&日々のこと | Tagged as

 

きもの「自分流(リアルクローズ)」入門

;きもの「自分流」(リアルクローズ)入門

きもの「自分流(リアルクローズ)」入門
2012年9月
小学館
田中敦子 著

静物着つけを担当しました。

2013-12-15 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,

 

琉球布紀行

;琉球布紀行

琉球布紀行
澤地久枝
2000年12月
新潮社

2013-12-10 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,

 

11/26 半衿付け講座

;半衿付け講座

 

先日、ご要望にお応えして、半衿付け講座を企画しました。

某文具店・店主と、美人デザイナー、半衿付けに大奮闘!
あと、謎のゲスト1名が、見学。

;半衿付け講座

ワイワイきもの談義のはずむ、楽しいレッスンでした。

;半衿付け講座
こんなにキレイに仕上がりましたよ! また、ご要望に応じて、企画していきます。

 

夜のDress Code

平日夜のパーティーに、着物を着て出席する彼女の着つけをしました。
好みで、衣紋はやや抜き気味に、前はきちっと合わせています。

この日の、パーティーのドレスコードは、「ブラックタイ - イブニングドレス or きもの -」。
日本ではドレスコードが曖昧なことが多いですが、わざわざブラックタイと記載があるからには、あまりカジュアル過ぎると、悪目立ちしてしまいます。

ブラックタイ= 準礼装ですので、訪問着や付け下げを中心とした装いが基本となります。夜なので、露出の多いイブニングドレス姿の女性に混じる事を考えると、光沢のある着物や帯を合わせたり、バッグもドレッシーなクラッチなどが吉。

細身で長身の彼女は、すらっと淡い色の訪問着を、素敵に着こなして下さいました。

 

森田空美のきもの塾

;森田空美の「きもの塾」
森田空美のきもの塾 永く着られる「30年きもの」教えます
2013年
小学館
森田空美

2013-11-20 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,

 

もののみごと -江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン。-

;もののみごと

 

もののみごと -江戸の粋を継ぐ職人たちの、確かな手わざと名デザイン-
講談社
2012年10月
田中敦子 文 / 渞 忠之 撮影

2013-11-17 | Posted in BLOG, 本/雑誌/TV/映画 | Tagged as ,,,

 

七五三の季節

;七五三の帯結び

七五三の季節になりました。
家族揃ってのお祝いは、お目出度いものです。
この日は、お兄ちゃんの五歳と、妹の三歳のお祝い。着つけ中も、とても良い子で、スムーズに終わりました。
お母様も、久しぶりのお着物で楽しそう。

小物も、こんなにカワイイ。最近では、こういった小物は珍しくなりました。

;七五三の草履とバッグ

お子さんの着つけは、手早さが肝心。
慣れない紐や帯で苦しいと可哀想ですから、手早く、楽に着せてあげられると良いですね。

さあ、お出かけです。幸せな、家族の肖像。

**出張着付け&ヘアメイクのご案内**

 

響き合う二人

;荒木節子×丸山正

六本木アクシスとGallery SUで行われている、丸山正さん+荒木節子さんの展覧会に伺いました。

染織×染織、という珍しい組み合わせ。似ているわけでもなく、対照的でもなく、しかし、お互いがよく響き合っていたように思います。

荒木さんの作品からぱあーっと広がるエネルギーと、丸山さんの作品にしかと閉じ込められた情熱と。

いつもどこか大胆で、斬新で、どんな色を使っていても軽やかさの感じられる荒木さんの、また新しい局面が垣間見え、そして長年一つのスタイルを追求し続けて来た丸山さんの、新たな到達点をも見せつけられた展示でした。

;Gallery SU 丸山正×荒木節子展

2013-11-11 | Posted in BLOG, 展覧会/染織作家 | Tagged as ,,,