きものスタイリング

InRed&Glow わたし流着物のある暮らし

;わたし流着物のある暮らし

 

InRed&Glow わたし流着物のある暮らし
2014年11月
宝島社

P28〜P31 着付けを担当しました。

2014-11-25 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

スタジオ撮影

;スタジオ撮影
今日は、早朝から都内のスタジオで撮影でした。 二人のモデルさんに着付け、内一人のモデルさんはスタイリングを。

ロケも好きですが、スタジオって、撮影してる!って感じで、楽しいです。

どんな角度から撮ったら綺麗か、伝わるか、試行錯誤しながら、進めていきます。

現場でしか分からないこと、現場でしか感じられないこと。貴重な時間。

どんな仕上がりか、また発売の際にお知らせいたします。

 

eclat 2014/12月号

;eclat2014/12月号

 

eclat 2014/12月号
集英社
「新しい気持ちで、”きもの” -おしゃれな人ほど、始めてます-」

p118 着付けを担当しました。

2014-11-01 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

ほめられきもの宣言

;ほめられきもの宣言

 

一冊まるまる、裏地桂子さんの私物で構成された、きものスタイル本が発売になりました!
巻頭の着付けの一部と、静物のきものスタイリングを担当しています。

裏地さんが日頃から実践してたどり着いた、「ほめられきもの」のコツ、練りに練った「ほめられる」コーディネートが50点以上、それから小物やバッグに至るまでが盛りだくさんに掲載されていて、お得感満載の一冊です。
きものを着ない人も、少し着る人も、たくさん着る人も、「見て楽しい、読んで納得、真似して大活躍」のお役立ち本。
買って、損はありません!

担当した静物スタイリングは、「裏地桂子スタイル」を意識して、形にしました。大人になってもアクティブでキュート、華があってカッコイイ。都会的でセンスが良いのに、甘辛バランスが絶妙。染めも織りも、京都好みも江戸好みも、ぜーんぶひっくるめて、ご自分のスタイルにしているところが、とっても素敵で、いろいろ参考になります。 静物スタイリングからも、そんな裏地さんの魅力が伝わることがあったなら、少しはお役に立てたかなと思います。

皆様、ぜひお手に取ってご覧下さいませ。

ほめられきもの宣言
裏地桂子
小学館
2014年10月

 

広尾のカフェで撮影

早朝から、広尾のカフェで撮影でした。

ヘアメイクを終え、着付けをして、ロケバスで移動。白が基調の上品な空間に、朝の光が美しく、気持ちのよいロケでした。雑誌の撮影でしたので、また発売時に、お知らせ致します。

さて、午前中には撮影を終え、合羽橋でお買い物。

;篠竹のかご

そこで、篠竹で編まれた、市場かごを発見しました。佐渡でつくられたものだそうな。

取っ手にビニールのパイプが付いていて、重いものを入れても、持ちやすそう! 以前から、美術さんや、カメラマン、編集の方々が大きいサイズを使っていらっしゃるのをみたことがあったのですが、小さいサイズがコロンとして、とっても可愛く、一目惚れ。

;アイロンバッグ
楽しく悩んだ結果、アイロン周りのグッズを収納することに決めました。

合羽橋は楽しいですね。きものを着るようになると、手でつくられたアイテムがとっても気になります。

2014-09-22 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

『七緒』2014年秋号

;七緒2014秋号

「七緒 2014年秋号」
プレジデント社
p49〜p51

おそめ』の著者、石井妙子さんの着付けを担当しました。

2014-09-07 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

姉妹のきもの簞笥

お姉さんの海外渡航前に、ご実家のきもの簞笥を整理したいとの、ご依頼を頂きました。

;きもの簞笥の整理

おばあちゃまのもの、母上のもの、頂き物など、簞笥とつづら、それから押し入れにも、あふれ出した、きものを整理して行きます。

手順は、シンプル。種類別に仕分けして、汚れのひどいものなどは外します。それから、必要・不要、姉妹に似合う、似合わない、を判断し、仕分け。

きものと帯をコーディネートして写真を撮り、必要なものを順に簞笥に納め、ラベリング。小物類も整理します。

;使い勝手の良さそうな色留袖
細かくノートを作る場合もありますが、この日は、写真に納め、簞笥をみなくても、ざっと画像で見られるようにするに留めました。

今回、使い勝手の良さそうなフォーマルとしてコーディネートしたのは、淡いオレンジ色が上品な、こちらの一つ紋付色留袖に、豪華な扇面の袋帯の組み合わせ。

訪問着は凝った大胆な柄付けのものが多かったので、ほとんどパーティー向き。結婚式など、フォーマルな場所には、こちらの色留袖が活躍すると思います。

面倒見の良い姉と、利発な妹、それから私の3人で、7時間ほどかけて、ようやく終了!
通常の、3日間分くらいのボリューム。なかなかの力仕事ですが、皆で力を合わせて、片付け終わった後のスッキリ感は最高でした。

こうしてきもの簞笥を整理して、風通しをよくすることで、眠っていたきものが、新しく活用される機会が生まれます。ずっと簞笥が気になっているという方、お気軽に、ご相談下さいませ。

 

2014-07-08 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,

 

夏宵の銀座ロケ

;夏宵の銀座ロケ

珍しく、夜ロケ。
銀座のバーにて、素敵な1カットを撮影しました。

着慣れている方に着つけをさせて頂く場合、その方のお好み、イメージを仔細に伺い、慎重に進めていきます。

どちらかといえば、クラシックで清楚な着方をお好みでしたので、着る着物に合わせて、また、その方にぴったりするように、仕上げていきました。

撮影も終わって、頂いた感想は、『着物の中で、身体が泳ぐように動く。本当に、身体が楽です。』とのこと。

着付けに関しては、何よりも、その境地を目指すところですので、とても有り難く、嬉しく、お伺いしました。

私物撮影の場合でも、よく、コーディネートのアドバイスを求めて頂くのですが、私のモットーは、何よりも、あるものを壊さないこと。

「あるもの」とは、居る場所、その方の持っている雰囲気、着物の質感、帯の個性。そこに溶け合うように、帯揚げや帯締めなどの小物を選びます。決して、小物が勝ってはいけない。そう思います。

また、発売の際に、詳しくお知らせいたします。
美味しいお酒も頂いて、楽しい撮影でした。

2014-07-01 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

きもの本の撮影

今週は3日間、スタジオにこもっていました。

秋に出版される、きもの本の撮影。

静物スタイリング、と呼ばれる分野のお仕事で、きものや帯を平らに置き、素敵にみえるように形作っていきます。

;きもの本の撮影

 

とにかく、点数が多く、アシスタント2〜3名と共に、手早く作業していきますが、連日、深夜までに及ぶ撮影となりました。

今回は、撮影前の段階から、打ち合わせに参加し、試行錯誤が繰り返される段階を、ほんとうに微力ながらお手伝い。

0から物が作られて行くさま、というのは、エキサイティングで、大好きです。

;神谷町3206のサンドウィッチプレート

撮影の2日目のお昼は、神谷町3206のサンドウィッチプレート。

豪華で、テンションが上がりました!

本の仕上がりが、楽しみです。

2014-06-14 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

両国でお仕事。

あまり、踏み入れないエリア。両国で、お仕事でした。

早めに着いたので、国技館まわりを、ぐるりと巡ると、気になる佇まいのお店を発見。

ロケなどにも使われるようですが、渋いです。

;両国でお仕事

暦の上では、まだ五月なのですが、本日のお衣裳は、単衣。

見た目の季節感や、体感温度を大切にした方が、結果的にはお洒落ですね。

光沢の綺麗なお着物が、よく舞台映えし、素敵でした。

2014-05-26 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,