きものスタイリング

山口小夜子 未来を着る人

;着物 スタジオ撮影
5月だというのに、ピーカンの夏日。
まさに、SKYな青山のスタジオで、きもの撮影でした。
撮影後に、『山口小夜子 未来を着る人』を観に、東京都現代美術館へ。

 

;山口小夜子 未来を着る人
山口小夜子、という存在は、何だったのか。それを十二分に示した、素晴らしい展覧会でした。

見終わってからも、頭の片隅は、その存在について考え続けていて、「時代の先端を走り続けた、山口小夜子の文化的遺伝子を未来へつなぐ」という展覧会の企画意図を、まさに体感することができたようです。

70年代初頭に山本寛斎のコレクションでデビューして以来、アジア人初のトップモデルとして、世界を舞台に活躍した、山口小夜子。寺山修司の芝居や舞踏の山海塾、勅使河原三郎とのパフォーマンス、舞台の衣裳デザイン等を通じ、モデルの枠にとどまらない、唯一無二の表現者として、他界した後も、今なお特異な存在であり続けています。

きものに関して言えば、江木良彦さんが手がけた資生堂のコマーシャル、京都丸紅のオリジナルブランド『そしてゆめ』が代表的です。当時の広告や写真からは、面白いものを面白がり、前衛的なものを受け入れ、新しいイメージを追い求める、この時代の息づかいが伝わってくるようでした。

晩年は、「ウェアリスト」と名乗り、その生涯を通じて、「着る」ことを追求し続けた、山口小夜子。ファッション、身体性、日本的美意識、クリエイティビティ、全てにおいて、普遍性と新しさを未来に伝える、類い希なアイコンから得た刺激を、愛おしく感じています。

2015-05-27 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,

 

八芳園でロケ

;きものカタログ撮影

連休前半は、カタログ撮影のロケで、八芳園へ。

きもの撮影の大定番の場所ですので、安心の撮影。日向に長くいると、少し汗ばむくらいの陽気。よい感じの、ロケ日和でした。

;ひっかけ結び
とある文学作品のイメージカットで、アンティークの帯を使用。なかなか面白い仕上がりで、出来上がりが楽しみです。

2015-05-01 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

ホームパーティー

;ホームパーティーのきもの

 

大規模なホームパーティーにて、奥様のお着物をスタイリング&着つけ。

長時間着ていても身体が楽で、たくさんお食事を召し上がって頂けたそうで、とても喜ん下さいました。

今回は、外国人のお客様も多く、華やかながら、仰々しくならないよう、スタイリング。

 

;帯地でテーブルセンター

テーブルセンターは、少々贅沢ですが、帯地をアレンジ。

;帯地でテーブルランナー

素敵なテーブルとなりました。ご縁に、感謝です。

 

 

ku:nel Vol.72

;Ku:nel vol.72

 

『ku:nel』vol.72(2015年1月20日発売)
「あの人、おしゃれ。着物ごころ、芽生える。」

にて、p51 着つけを担当しました。

クウネルで、きもの特集?

そうなんです。ちょっと素敵な、「着物が気になっている」お洒落な方々のストーリー。

面白いです。ぜひ、お手にとって、ご覧ください。

2015-01-23 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

HERS 2015/2月号

;HERS2015年2月号

 

『HERS 2015/2月号』
P122-123
スタイリング・着つけを担当しました。

前ページの賀来千香子さんのお着物姿も、とっても素敵です。
ぜひ、ご覧下さい。

 

毎日新聞2015/1/10

;毎日新聞2015/1/10

 

毎日新聞20151/10「衣」ページにて、裏地桂子さんの着つけ&静物スタイリングを担当しました。

2015-01-10 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,

 

つまみかんざし

;つまみかんざし

 

ここ数年、成人式の晴れ着や、婚礼衣装に合わせる、つまみかんざしが人気です。

今回は、つまみかんざしに合わせた、振袖のスタイリングと着つけを担当しました。

少し前までは、生花を合わせたり、大ぶりの造花をワンポイントでコーディネートするのも人気でしたが、以前とは少し傾向が変わってきた様子。古典調のものも人気ですね。若手のつまみ細工の作家が人気を博したり、近年の手仕事ブームもあり、尚更、こういったものが見直されてるようになったのかもしれません。

2015年も、もうすぐ成人式。

今年は、どんな晴れ着姿のお嬢さんたちに出会えるでしょうか。

2015-01-09 | Posted in BLOG, きものスタイリング | Tagged as ,,,,

 

1/1 日本テレビ

;元旦・読売新聞

 

日本テレビのWEBSITE内「新年のご挨拶」、並びに、「読売新聞12版 1/1掲載」にて、水ト麻美アナウンサー、桝太一アナウンサーのスタイリング、着付けを担当しました。WEBは、1/7までの掲載になりますので、ぜひご覧下さい。

メイキングに、少し写りこんでおります。

 

 

演歌仕様

;演歌仕様

 

年の瀬、急なご依頼を頂いて、振袖のスタイリング&着つけをいたしました。
成人式の振袖ではなく、大人っぽい振袖を、とのことで、落ち着いた色、柄の少なめのものをチョイス。

このお姿で、大大大忘年会で、演歌を歌うのだとか!! 桜がテーマなので、半衿と帯には、桜の柄を。
帯結びは、片流し、変わり文庫風。二つ折りで文庫に作ると、しっとりとした雰囲気になります。

他のメンバーも、かなり本気な仮装をされていて、大人が本気で遊ぶって、素敵だなぁ、と楽しくなりました。

 

作品撮り

;作品撮り

 

独立した時以来、作品撮りをしました。

作品撮りとは、カメラマン、スタイリスト、ヘアメイクなどのスタッフが集まって、お仕事とは別に、新しいイメージを求めて、シューティングをすることです。

時期が時期と言うこともあり、仕上がった写真は、studioの年賀状にすることになりました。

いわゆるお仕事でないからといって、誰一人手を抜くことはありません。

声をかけるメンバーも、ぜひ撮影してみたい、と願う相手ばかり。

イメージも近日公開予定。

お楽しみに。